投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

iPhoneでロボコールとスパムを徹底的にブロックする方法

イメージ
アメリカにいるとショートメッセージ(SMS)で自分の携帯番号宛てにスパムメッセージやスパムコールがガンガンかかってきます。機械音声によるスパムコールを法的に禁止にするというロボコール禁止法(TRACED Act)が少し前に成立し、その実装が心待ちにされています。それがどれほど効果的であるかは、法と犯罪がいたちごっこであるという性質を考えると、実際に蓋を開けてみないとわかりません。通信会社側もスパムを減らすためのサービスを提供していますが、現状であまり効果的であるとは言えないでしょう。 ここではユーザー側でできることはないかと、私が数年悩まされた結果、見つけたいくつかの方法を紹介します。結果的に私が受けるロボコールもスパムメッセージもほとんどなくなりました。 目次   目次 1. エリア番号 2. ロボコール対策 3. スパムメッセージ対策 4. まとめ 1.エリア番号 まずいちばん大事なのは、エリア番号を自分が住んでいる地域のものにしないということです。日本の携帯電話番号には090,080,070というように特別な番号を割り振って、ひと目でそれが固定か携帯か判別できるようになっています。一方、アメリカでは、日本とは違い携帯電話番号の上3桁に特別な数字を割り振っていません。つまり固定電話と携帯電話の番号に違いはなく、更に言えば携帯の場合は契約時または契約後、好きなエリア番号を選択することができるのです。実際にそのエリアに住んでいなくても、例えばニューヨークやカリフォルニアの番号を取得できるのです。 さて、もし今自分が住んでいる、もしくは住んでいた地域のエリア番号を現在使用している場合、違うエリア番号に変更することをおすすめします。更に言えば、今後も行く予定の内容な地域に設定するといいでしょう。 というのも、ロボコールは標的と同じエリア番号を使用して、誰か知人や近所からの電話だと偽装します。もし同じエリアに住んでいれば、それがロボコールであるかを判別する場合、実際に電話に出るしかないのです。 しかし、もしあなたが違うエリア番号を設定している場合、自分のエリア番号からかかってきた電話はほぼ100%ロボコールだと電話に出る前に判断できます。さらに、次の項目で紹介する方法で、電話がかかってくる前にブロックすることができるので、着信に悩まされ

自宅環境の整備(運動編)

イメージ
リモートワーク中は普段と比べて運動量が減っています。意識的に運動を行う必要がありますが、どのように行えばいいのでしょうか。   目次 1. いつやるか 2. ウォーキング 3. 筋トレ 4. ゲーミフィケーション 5. まとめ 1.いつやるか 実は運動はなにをやるかではなく、 いつやるかが一番重要 です。普通は、ウォーキングをするとか、スイミングをするとか、やる内容を先に決めますよね。しかし、内容だけ決めてもそれが自分のスケジュールと合わなければそれは決して習慣化しません。ではどうするか。 まず 時刻と量(時間) を決めましょう。決められた時刻に始めて、決められた量、または時間をこなしたら、それで完了です。運動内容は決めなくても構いません。極端な話をすれば、決まった時刻に一定の時間のエクササイズを習慣づけていれば、毎回違うエクササイズを行っても全く問題はなく、日常的にエクササイズをするというそれだけで健康上のメリットはとても大きいのです。 リモートワーク時のおすすめは、通勤時間を運動時間に変換することです。今まで30分〜1時間を通勤に使っていた場合、その時間を睡眠に補填するのではなく運動に当てましょう。朝と夕方、30分程度の簡単な運動を毎日するようにすれば、運動不足の解消はもちろんのこと、気分のリフレッシュにもなりストレスの軽減や鬱防止が期待できます。 2.ウォーキング 朝のウォーキングは今の時期特におすすめです。血液の循環を良くし体調を整える効果がある上、今まで気を配らなかった近所の風景に気づいたり、好きな音楽を聞きながらスムーズに仕事モードに入る事ができます。 ウォーキングの一番の利点は、一切準備が要らないことです。始めようと決めたその日から始めることができることです。ウォーキングの代わりにジョギングでも構いません、がその場合は膝に負担がかからない走り方を意識することと、あまり熱中して仕事をする前から疲れ過ぎないようにしましょう。 お昼の休憩時に10分だけ簡単に散歩をしたり、仕事終わりに仕事モードから帰宅モードに切り替えるためのウォーキングもおすすめです。 週末には1時間ほど散歩をして来週へのエネルギーを補給するのもいいかもしれません。1時間ほどというとだいたい以下の動画くらいの時間の散歩ですが、見てもらえば分かる通り、

自宅環境の整備(エアーフライヤー編)

イメージ
料理はとてもめんどくさい。めんどくさいけれど美味しいものは食べたい。美味しいものは食べたいけれど外食とかであまりお金かけたくない。そういう人にはエアーフライヤーはどうでしょう。特に今の時期は、長期保存出来る冷凍の食材を利用し、少しでも買い物などで外出する機会を減らすことが大事です。 ポークチョップも簡単に出来ます。 目次 1. エアーフライヤーとは 2. 購入 3. レシピ 4. まとめ 1.エアーフライヤーとは エアーフライヤーは正確にはconvection ovenといって熱循環式のオーブンです。多くの場合に電子レンジの代わりとして食材を温めることが出来、かつ表面がカリッと仕上がるので、冷凍の揚げ物や野菜の素揚げを作るときにとても便利です。殆どの場合油もいらない上、食材の油分な油を落とすのでヘルシーです。使い方も、食材入れて温度と時間の設定をするだけなので、電子レンジみたいな感じです。排気は熱くなくキレイなので置く場所も困りません。 代表的な料理は、 ・フレンチフライ ・オニオンリング ・ピザ ・唐揚げ ・魚のフライ/ロースト ・野菜(ピーマン、ナスなど)のロースト ・肉屋の上質なソーセージ ・市販のパンの焼き直し などなど。エアーフライヤーが一つあるだけで一品、もしくは食材の下ごしらえが出来ます。カレーの上にエアーフライヤーでローストした野菜を乗せたりするとオシャレ度が上がります。 2.購入 購入のきっかけはたまたま行った BJ's (コストコみたいなお店)でBella社のエアーフライヤーが40ドルくらいでセールで売られており、面白そうだから試しに買ってみるかと思い購入したわけです。(微妙なら返品できますし。) それからというもの、ほぼ毎日使うようになり、スーパーで食材を買う際も、「これエアーフライヤーでいけるかな」と考えるようになりました。個人的には魚がローストやフライで食べられるようになったことが嬉しいことです。以前は生の魚の調理はめんどうだし、冷凍のフライは電子レンジだとべちゃっとなって美味しくないので、日常で食べる魚はスーパーに売れられている寿司だけでした。 アメリカでエアーフライヤーを買うなら Bella をおすすめします。安いし実際に使っていてとても安定しています。 より大容量か

ニンテンドースイッチの自動化

イメージ
一時期ニンテンドースイッチのポケットモンスターソードシールドにハマっていたので、そのときに「お金・ワット集めめんどくさいなあ」という一心で実装したタスク自動化の方法を説明します。ポケモン剣盾が出た当初に公開しなかったのは良心だと思ってください。 難しくはないのですが、事前に必要なものがあるので、全部集められなければ素直に諦めましょう。 あと、難しくはないのですが、それなりにコマンドラインベースのパソコンスキルが必要なので、よくわからない人は素直に諦めましょう。近くに詳しい人がいれば聞いてみましょう、めんどくさいと思われる可能性大ですが。 うまくいくとこんな感じになります。(個人情報を消すため一部編集済)(この頃のテレビは小さかった)   目次 1. 必要なもの 2. Makefileの更新 3. ファームウェアを書き込む 4. まとめ 5. Joystick.c全文 1.必要なもの Arduino UNO R3 電子工作のお供です。Arduinoの他のモデルでも可能ですが、ATmega16U2チップを搭載しているものを前提に説明するので、よくわからない人は脳死でUNO R3を買いましょう。それと注意点として、公式以外にも他のメーカーからArduinoは出ていますが、必ず公式のものを買いましょう。私は友人から使ってないArduinoをもらって、嬉々として実装を始めたもののうまくいかずに嵌りました。結局公式のものを買って試してみるとすんなりいきました。 USBケーブル USB-AとUSB-Bタイプの端子になっているケーブルです。これを使ってパソコンとArduinoを接続します。上記のArduinoにはついていません。プリンタ用のケーブルが余っている人はそれで大丈夫です。 Ubuntuがインストールされているパソコン これは持っていない場合、余っているパソコンなどに入れてみるなど試行錯誤してください。 ラズベリーパイ でも可能です。私は仕事用のパソコンを弄りたくなかったので、余っていたRaspberry Pi 3B+に Ubuntu Mate を入れました。試してはいないけれどデフォルトのRaspbian OSでも可能だと思います。 UnixだったらいけるだろうとMacを使おうとしているあなた、Macではなぜかコン

自宅環境の整備(テレビ編)

イメージ
3月から始まった自宅勤務ですが、一向に解除される様子がないのでこれ幸いと自宅環境の整備を進めていました。まずはテレビです。   目次 1. テレビ購入 1.1. 検索 1.2. 評価 1.3. 購入 2. テレビで流す内容 2.1. Disney+ 2.2. Plex 2.3. Youtube 2.4. Pluto TV 2.5. Google Play Music 3. まとめ 1.テレビ購入 4K、50型のテレビを買いました。用途はビデオストリーミングとゲームです。今まではそこまで必要性を感じておらず、モノを増やすのが嫌だったので買わなかったのですが、さすがに家に引きこもっていると自然とストリーミングサービスとゲームの利用が増えました。パソコンや小さい画面だと目が悪くなりそうなので割と仕方なく買ったのですが、購入の過程は割と面白かったです。ちなみに買ったのはHiSenseのH8Fです。 1.1 検索 まず条件としては、4K、大型(50インチ以上)、安い(1000ドル以下)、液晶、HDR、スマートTVという感じです。アマゾンだと商品が多すぎるのでまずは Best Buyという家電量販店のウェブサイト で検索をしました。 検索条件は、 TV Screen Size:45" - 54", 55" - 64" Price: 0-1000 TV Type:Smart,LED Features:HDR です。メーカーは割とこだわりがないので指定しませんでした。 1.2 評価 出てきた一覧を上から順に、 Rtings という家電レビューサイトで検証します。このレビューサイトは、カカクコムの様な玉石混交ユーザーレビューではなく、アメリカによく有りがちな、オタク丸出しの本気で科学的に評価するサイトなのである程度信用できます。同じ様なサイトではカメラレビューの DP Review が有名でしょうか。 さて、Rtingsで検索してある程度わかることは、300ドル以下のものは基本的にレートが低いこと、値段が上がってもレートは飽和していき600ドルくらいで値段とレートのバランスが良くなるということでした。 これを元に、Best Buyでの検索条件を更新します。 Price: 0-10