投稿

6月, 2020の投稿を表示しています

最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:準備編

イメージ
自宅で使っているWindowsのデスクトップパソコンに16コア32スレッドのRyzen9 3950Xを搭載しました。自作パソコンなので、CPUとマザーボードは交換しますが、ディスクやPCケース自体は現在使っているものを流用します。 コンセプトとしては、個人用としての現状最高スペック、かつ今後5年はメンテナンスフリーで動かせるということにしました。メインのディスクは大容量SSD M.2 NVMeを使い、高速性と耐久性を確保します。CPUクーラーは敢えて空冷を使うことでメンテナンスの必要性を無くし、グリスではなくサーマルシートを使い冷却部の劣化を完全に避けます。メモリーはオーバークロック対応の16GBメモリーを4本使い、今後拡張する必要がないほどの容量を事前に確保します。今回は入れ替える準備段階までの報告です。 今回の変更点です。 旧 新 解説 CPU Intel Core i7-4930K AMD Ryzen 9 3950X CPUの型番です。 ベースクロック 3.40 GHz 3.50 GHz 通常時の最大処理速度です。 ブースト時クロック 3.60 GHz 4.00 GHz 繁忙時の最大処理速度です。 TDP 130W 105W 消費電力と発熱の目安です。 メモリー DDR3-1800 DDR4-3600 使用するメモリーの世代と速度です。 PCIe世代とレーン数 3.0、40 4.0、20 周辺機器を接続する規格で速度が違います。 マザーボード ASUS ROG RAMPAGE IV GENE ASUS AMD AM4 ROG Strix X570-E パソコンのすべてのパーツを管理する機械です。 発売時期 2013秋 2019秋   目次 1. 買い替え理由 1.a. CPUが早くなる 1.b. マザーボード

自宅環境の整備(スマートホーム編)

イメージ
自宅環境の整備の一環として、少しずつスマートホーム化を進めています。   目次 1. Google Wifi 2. Philips Hue 3. Google Nest Mini 4. Roomba 5. Nest Thermostat 6. まとめ 1.Google Wifi まずは一番大事な家庭のWifi環境の整備です。以前はAppleのAirport Routerを使っていたのですが、家の全ての部屋をカバーするには非力で、末端の部屋ではインターネットの速度が低下したり不安定な接続が発生していました。それを改善するために、更に強力なルーターを導入するか、比較的新しい技術であるメッシュ方式のWifiシステムを導入するかを検討し、最終的にメッシュネットワークの導入を選択しました。というのも、値段的にはハイエンドモデルの単体ルーターとメッシュ式のルーターセットだと大きな違いはなく、かつハイエンドモデルでも単体で広範囲をカバーするのは限界があるので、メッシュ式のほうが安定するだろうという判断です。 メッシュWifiで検討したのは以下の3つです。 Google Wifi Google製のメッシュWifiルーターです。出た当初はかなり先鋭的な製品で、これ一択と言っていい状況でした。値段は現在だと安価です。 Google Nest Wifi Google Wifiの後継として、スマートスピーカーが統合されたモデルです。スピーカーとしても使え、全面的に性能と機能が向上していますが、欠点は値段が高いこと。 Amazon eero Amazon製のメッシュWifiルーターです。Alexa内蔵でAppleのHomekitにも対応しています。値段もセールなら3台で250ドルととても安いです。 今改めて見るとAmazon eeroがバランスよくていい感じですね。私は実家のWifiシステムを既にGoogle Wifiにしていたので、管理を一括にするために1番目のGoogle Wifiを買いましたが、特にそういう条件がなければAmazon eeroがいいと思います。 さて、メッシュルーターのセットアップは簡単で、3台のルーターを家の中に分散して置くだけで自動でメッシュネットワークというWifi同士の通信網を構築してくれます。私はGoog