最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:準備編

自宅で使っているWindowsのデスクトップパソコンに16コア32スレッドのRyzen9 3950Xを搭載しました。自作パソコンなので、CPUとマザーボードは交換しますが、ディスクやPCケース自体は現在使っているものを流用します。

コンセプトとしては、個人用としての現状最高スペック、かつ今後5年はメンテナンスフリーで動かせるということにしました。メインのディスクは大容量SSD M.2 NVMeを使い、高速性と耐久性を確保します。CPUクーラーは敢えて空冷を使うことでメンテナンスの必要性を無くし、グリスではなくサーマルシートを使い冷却部の劣化を完全に避けます。メモリーはオーバークロック対応の16GBメモリーを4本使い、今後拡張する必要がないほどの容量を事前に確保します。今回は入れ替える準備段階までの報告です。



今回の変更点です。
解説
CPU Intel Core i7-4930K AMD Ryzen 9 3950X CPUの型番です。
ベースクロック 3.40 GHz 3.50 GHz 通常時の最大処理速度です。
ブースト時クロック 3.60 GHz 4.00 GHz 繁忙時の最大処理速度です。
TDP 130W 105W 消費電力と発熱の目安です。
メモリー DDR3-1800 DDR4-3600 使用するメモリーの世代と速度です。
PCIe世代とレーン数 3.0、40 4.0、20 周辺機器を接続する規格で速度が違います。
マザーボード ASUS ROG RAMPAGE IV GENE ASUS AMD AM4 ROG Strix X570-E パソコンのすべてのパーツを管理する機械です。
発売時期 2013秋 2019秋


1.買い替え理由


”いっちゃんいいもの”が欲しくなって割と衝動的に購入してしましました。特に必要に迫られているわけでもなく現状のPCに問題があったというわけではありません。もちろん、新しい方にするメリットもある程度思いつきますが、出費に適うほどの買い換え理由というわけでもなく。敢えて挙げるならば、自作PCは趣味みたいなものなので、新しいものを導入したり構成を考えたりすることが楽しいということでしょうか。ちなみに、今回の費用は$1,350(ざっくり15万円)です。内訳は、CPUが$700、メモリーが64GBで$280、CPUクーラーが$70、マザーボードが$300です。

さて、今回のハードウェアアップグレードでどんないいことがあるか、衝動買いの反省の意味も含めて考えてみましょう。

a.CPUが早くなる。

6コア12スレッドから16コア32スレッドになり複数の処理が圧倒的に早くなります。また、1コア当たりの処理速度も、全コアブースト時の最大クロックが3.6GHzから4.0GHzになり、10%ほど上がります。元のCPUは当時の上級CPUですが、なにせ古いのでAVX2などの動画編集に役立つ命令セットがなかったので、動画編集などで今回大幅に処理速度が向上します。

b. マザーボードが多機能。

最新のWifi規格(Wifi6)に対応しています。古いマザーボードはそもそもWifiモジュールがなかったのでPCIeスロットに接続するものを追加で購入していました。また、M.2という高速ストレージが使えたり、USB Type C用のポートが標準でついているので、専用のハードウェアをごちゃごちゃと追加する必要がなく、パソコン内部がスッキリした構成になります。今回購入したマザーボードは割と高価な方ですが、個人的にAsusのROGブランドを信頼しているので、将来のトラブルを避ける保険だと考えればそこまで悪くはないと思います。いざ中古で売るときにも高く売れるのもプラスです。少しでも出費を抑えたい場合は、B550というチップセットのシリーズが最近発売されたのでそちらも良いかもしれません。


c. 消費電力が低い。

TDPが130Wから105Wへと20%近く減少しています。節電になるのはもちろんのこと、CPUがその分熱くならないので冷却ファンが回る速度も下がり、静音化にも貢献します。

d. メモリーの速度が倍。

現在のメモリーは最大速度が1.6GHzですが新しい方は3.6GHzと単純に倍以上になります。パソコンでは、データを処理する際に 1) HDDなどの周辺記憶装置(保存用メモリー、Secondary Memory)からメモリー(作業用メモリー、Primary Memory)へとデータがコピーされ、そこから 2) CPUのデータ処理速度に合わせて少しずつCPU上に転送されて計算が行われます。一般的に、大量のデータ処理行う際のボトルネックはこの第一段階目であり、HDDやSSDの転送速度が比較してとても遅いため、いくらメモリーの速度を上げても速くなることはありません。しかし、複雑な処理が行われる際には、CPUで処理したデータの計算結果がメモリーに一度戻され、それが再度CPUで計算されるといったことが起こります。その際に、メモリーの速度が速ければその分CPU処理後のデータの読み書きが速くなるので結果的に処理時間を短くすることが出来ます。速度が倍になっても処理時間が半分にはなりませんが、検証報告を見る限りでは、だいたい平方根倍(実測で1.4倍)くらいの速度向上は現実的に起こり得るらしいですね。恩恵を受けやすい処理は、ゲームや動画編集、ファイルの圧縮解凍といったところでしょうか。


2.OSの移行準備

さて、一般的には、CPUのメーカーを変えたり、世代を跨ぐと、OSはインストールし直す必要があります。特にWindowsはライセンスの関係もあるためWindows10以前では必須でした。今回はせっかくなので(めんどうなので)、再インストールせず現在の状態のまま移行しようと思います。手順としてはライセンスの紐付けだけです。

ライセンスの紐付け

Windows10へは、ローカルアカウントではなく、Microsoftアカウントでログインします。仕組み的には、ローカルアカウントはその名の通り、ユーザーアカウントとパスワードがパソコン上のみに保存されている状態です。セキュリティ的には安心ですが、Windows10を供給しているMicrosoftとしては、登録済みのライセンス情報を使って新しく登録申請されたパソコンが、同じユーザーによるものであるか判断できません。なので、ローカルアカウントの代わりにMicrosoftアカウントを使用して、ライセンスとユーザーを紐付けすることで、「ハードウェアの構成が変わったけれどパーツを変えただけで同じユーザーが使ってるから問題ないよね」というお墨付きを得ることが出来ます。(以前もお墨付きを得ることは出来ましたが、そのためにはMicrosoftのサポートに直接電話をする必要がありました。)

さて、具体的なやり方ですが、既に色んな所で方法が解説されているので、ここではサイトを紹介するだけで割愛します。
[Windows 10] ローカルアカウントとMicrosoftアカウントを切り替える方法


3.OSのクローニング

通常なら現在使っているHDDかSSDをそのまま使うだけで良いのですが、今回は折角マザーボードがNVMe M.2に対応しているので使用してみたいと思います。NVMe M.2はSSDの一つで、SSDの中でもPCIeで接続する特に高速なストレージです。初期のSSDと比べても10倍近く速いです。まだまだ新しい規格ですが、年々安くなってきています。

今回使うNVMe自体は半年ほど前に購入して普通に使っていたものを流用します。



このSabrentというメーカーはカリフォルニアの会社で、比較的新しい会社なのですが、価格が比較的安く商品のレビュー自体も好評なので、購入して良かったし次回もここで買おうと思っています。最大の利点は、OSのクローニングが出来るソフトウェアで有名なAcronis True Imageが標準でついてくることです。とても有名で信頼されているソフトウェアなのですが、単体で買うと割と高いので、オマケで付いてくるのは驚きでした。ちなみに、クローニングとは、データのコピーのみならず、ディスクパーティションなども完全にコピーするので専用のソフトウェアが必要です。(Cドライブの中身を別のディスクにただコピーしただけではパソコンは動きません。)

Acronis True Imageを起動したところです。ToolsからClone Diskを選択しましょう。


クローンモードを選びます。Automaticで良いような気もしますが、とても大事なことなのでManualを選択して細かく設定を見ます。


ソース(クローン元)となるディスクを選択します。自分の環境だとたくさん内蔵、外付け含めて10以上ディスクがつながっているのでひとつひとつOSが入っているディスクかの確認が大変ですが、普通は一番上がCドライブのディスクだと思います。自分の場合ではDisk 2でした。”C(C:)”と表記されていますね。


次に、デスティネーション(クローン先)のドライブを選びます。このドライブに中身が入っている場合はデータが消えるので注意しましょう。ここでは、Disk 4がSabrentのNVMeです。他のドライブも選択できるので、パソコンにSabrentのディスクが接続されていれば、特にSabrentのドライブを指定する必要はないようです。



クローン方法を選択します。基本は真ん中のProportionalを選べば、クローン元とクローン先の容量に従って自動で設定してくれるはずです。ここでも、敢えてManualを選択して、細かい設定を確認します。


ここで気づいたのですが、コピー元のパーティションに1MB足らずの謎の領域があります。説明にはDELL Server Utilitiesを書いてあります。実は現在は影も形もありませんが、元々このパソコンはDellのXPSというデスクトップを改築し続けて来た成れ果てであり、当時の要素はOSとメモリーくらいしか残っていません。そのOSもCPUの換装のたびに一貫してクローンしてきているので、この様な今では意味のわからないパーティションが残るわけです。せっかくなのでこれを掃除してみましょう。

画像左下にOptional steps: What to excludeというリンクが見えます。これを選択してみましょう。


ここでクローンしないファイルやフォルダを選択できます。DellUtilityを選択すると、最後に変更された日付が2014年なので消して問題なさそうです。RECOVERYのほうも見てみましたが、古いファイルとDell関係のファイルが混在しており、勘だけで整理するには危険なので今回は弄らないでおきました。さて、ここで要らないパーティションを選択してNextを押すと、移動先の情報を計算し直すためか非常に時間がかかりました。1~2時間ほどでしょうか。

普通はここまで細かく設定しなくても、最初の選択肢でAutomaticを選べばいい感じにやってくれるので、素直にそうしましょう。

最後は、全てのデータがコピーされるので時間はかかりますが、待てばクローンされたNVMeディスクが完成します。元のOSが入ったディスクは起動時に混乱の元になるので新しいパソコンには接続しないようにしましょう。

4.まとめ

とりあえずここまででパソコンの中身を換装する準備は出来ました。次回は実装して行きます。


コメント

このブログの人気の投稿

最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:実装編

ギター 音楽理論

SONYの新型ヘッドホンの実力は?旧モデルと比較し購入レビュー