投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:実装編

イメージ
自宅で使っているWindowsのデスクトップパソコンの中身を16コア32スレッドのRyzen9 3950Xに交換しました。 前回 はOSの中身を新しいディスクにクローンしました。今回は実際にCPUとマザーボードを交換して、パソコン起動まで一気に行きます。クローン化したディスクを使用した起動は、最終的にはうまくいきましたが、ポン付けで動くわけでもなかったのでそこらへんも報告します。 今回の変更点をおさらいします。 旧 新 解説 CPU Intel Core i7-4930K AMD Ryzen 9 3950X CPUの型番です。 ベースクロック 3.40 GHz 3.50 GHz 通常時の最大処理速度です。 ブースト時クロック 3.60 GHz 4.00 GHz 繁忙時の最大処理速度です。 TDP 130W 105W 消費電力と発熱の目安です。 メモリー DDR3-1800 DDR4-3600 使用するメモリーの世代と速度です。 PCIe世代とレーン数 3.0、40 4.0、20 周辺機器を接続する規格で速度が違います。 マザーボード ASUS ROG RAMPAGE IV GENE ASUS AMD AM4 ROG Strix X570-E パソコンのすべてのパーツを管理する機械です。 発売時期 2013秋 2019秋   目次 1. CPUとマザーボードの取り付け 2. 初起動 3. ベンチマーク 4. サーマルシート 5. まとめ 1.CPUとマザーボードの取り付け まずは交換前のパソコンの内観です。ケーブルを割と整理したつもりですが今見ると細かいところが汚いですね。ケース自体が大きいので、それでもスッキリした印象ではあります。 そして今回使うパーツがこちらです。 パーツ構成は前回紹介した通りで