エレキギターの最速上達法:短期-中期-長期での練習メニュー

エレキギター始めました。今始めて一週間くらいです。とても楽しい。実は昔、中学生の頃に一度だけ初心者キットを通販で買って練習したのですが全く続きませんでしたね。お年玉で買ったギターは長らく置物になり、その後後輩にあげました。 

どうしてうまく行かなかったのかは割とはっきりしていて、「ギターのうまくなり方」が全くわからなかったからです。そもそもチューニングもついてきた笛みたいなものでやるレベル。とりあえず初心者キットについてきた教本を頼りに指の訓練などをやっても全く面白くない上に、今うまく弾けているのか自分自身ではさっぱりわからない。モチベーションを出そうとバンドのTAB譜などを買ってきて見てもスラーなどの表記の意味がわからず断念。左手の押さえ方はもちろん、右手のピッキングもそもそもピックの持ち方が合っているのかさっぱりわからないので終始モヤモヤしながら練習していても続かないですよね。進めば進むほど(大して進んではいないが)ストレスになるので自然とやめてしまいました。 

そこでギター教室などに行けばよかったのかもしれませんが、趣味で始めてみましたという段階では親を説得する材料もなく。 

改めて振り返っても、自分の才能云々以前に環境的にリソースが足りなかったなあと思ってます。言い訳臭いですが、自分の特質的に間違いないです。研究職をしている以上、勉強は能力的にぶっちぎりで得意なのですが、新しい理論や分野を学ぶときはまず集められるだけの資料を集めてそれからある定義、理論などをそれぞれの資料を横断的に見ていろんな説明を頭の中で統合して自分のものにしていきます。昔だと大学受験で例えば英語の参考書を評判のいいものを全部買ってきて掻い摘みながら一番しっくり来る説明を探したりしていました。 

私の中学生当時の情報環境って、本や雑誌が媒体としてはトップクラスの存在でした。インターネットというと、やっと一般に普及して電話線からADSLなどの定額料金が導入されたくらいでしょうか。とにかくギターの情報を探すにしても家族用のパソコンしかないし、Youtubeなどの動画もなく、検索結果が結局個人のウェブサイトでよくわからない文字での説明だけという状況で。動画といえば当時はビデオテープでした。結局当時手に入る材料はすべて文字媒体だったので楽器の勉強としては相性最悪だったと思います。  

さて、それで今はどうかというと、ギター専門のウェブサイトは充実し、それぞれ動画で実際に弾いている様子が見れます。Youtubeではプロのギター講師が詳しい説明をしており、さらには有名なバンドのギタリストが実際に曲を弾いている動画もあります。その動画も、設定から音程を変えずに再生スピードを遅くする事ができるので細かいところをゆっくり確認することもできます。ネットでは無料でTAB譜が閲覧できるサイトもあり、ただ見れるだけでなくそのTAB譜に沿ってコンピュータ上で再現して演奏を再生してくれます。 

一方小道具はどうでしょう。チューナーやメトロノームは実際に買わなくてもスマホのアプリで無料で手に入ります。レコーディングするにもスマホのカメラはもちろん、パソコンにギターから直接流し込める機材などもあります。音楽編集ソフトもOSに付属でついてくるなどいたれりつくせり。 

エレキギター改めて始めて感じましたが、私が中学生のときに感じていた、情報の貧困状態は今完全に解消されているといって間違いないでしょう。もう言い訳はできません。やるっきゃない。 

ということで、ここまで材料が揃っていれば自分の必勝パターンです。いつもどおり情報に基づいて計画を立てて実行するだけです。

 以下は調べる中で生まれた疑問とそれに対するざっくりした答えです。  

Q. 練習ってどれくらい必要?
  ネット:3ヶ月〜半年くらい毎日練習していたらある日急に弾けるようになる
  母親:一日2時間、集中してやる。毎日やる。

 Q. 練習方法は?
  ネット&母親:人による。基礎か、簡単な曲をやるか、合う方をやる。
  母親:曲をやるなら、まずフレーズごとに繰り返し練習してゆっくりした速度で弾けるようにする。その次は、いつでも弾けるようにする。ゆっくり速度で練習する場合は必ずメトロノームを使う。速度を上げるときはゆっくり上げていく。

 Q. 毎日のモチベーションはどう保つ?
  母親:「今日はこれをできるようにする」というテーマを練習ごとに決める。始める時間も決めて規則正しく。週イチレッスンなども手ではあるがやるなら一週間フルに練習して、短いレッスン時間では講師に練習中での疑問点を解消してもらう。地域の同好会があればそれもいい。 

 Q. 長期的な目標は?
  母親:一ヶ月一曲、三ヶ月で三曲くらいを目標ではどうか。 

Q. 正しいTAB譜?
 ネット:監修されたもの以外は耳コピベースで作られているので原曲と一致するとは限らない。初心者は正しいかどうか気にせずとりあえず盲目的に練習するべし。

Q. 弦をちゃんと押さえられないが?
 ネット:指が固くない段階では正しい持ち方であっても横の弦に触れてしまったり痛いのでぎゅっとしっかり押さえられない。練習を続ければ自然と押さえられるようになる。


回答に母親が出てくるのは、ネットでもわかりにくかったところ、確定しにくいところをセカンドオピニオン的な感じで電話で聴いてみたからです。音大を出ていてピアノの講師をしていたので、楽器は違えど練習方法はそう変わらないだろうと思ったのですが、事前に集めていた情報とリンクするところも多く、さすがだなあと見直しました。 


これらをベースに、自分にあった要素も追加します。重要なのはモチベーション管理です。

・理論的な部分はYoutube動画で勉強する。タイトルに興味なくてもとりあえず見る。おすすめに出てきた関連動画もとりあえず見る。練習以外の時間で積極的に見る。復習はYoutubeに限らず横断的にググって細かいところまで疑問を解消する。
   ハートフルギター教室
   Rickey
  エレキギター博士

・短期目標として、一ヶ月で簡単な曲を仕上げる。
  初心者用としてASIAN KUNG-FU GENERATIONのRewriteがいいとのこと。タブ譜も見つかったが、実際に弾いてあるほうが運指が見えるのでこれを活用。弾かれている譜は動画の画面上に表示されているのでスクリーンショットを撮ってクロップしたあと、ワードに貼り付けて数ページで全体が把握できるようにする。曲を覚えるためにも全体を見たほうがいいらしい。

・週イチで題材はなんでもいいので弾いている動画を撮りYoutubeにアップロードして、成長を可視化させる。 

・月イチで、定期コンサートの体裁で一曲弾いてみた動画を撮り、アップロードし、自分にプレッシャーをかける。 

・ギターに関連する雑学も積極的に覚える。 

・課題曲一覧(初心者用の曲を検索して実際に聴いてみてピンときたものを選んだ)
   アジカンリライト
   DoAs深い森
   L'Arc虹 

 ということで、ざっくりできたプランに従ってあとはひたすら練習を続けます。乞うご期待。上手くなったら新品のいいギターを買いたいです。


 

コメント

このブログの人気の投稿

最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:実装編

ギター 音楽理論

SONYの新型ヘッドホンの実力は?旧モデルと比較し購入レビュー