ギター 音楽理論

今日勉強したギターの音楽理論のまとめです。Youtubeで動画を見つつメモ帳に書きつつ手元のギターで確認したりして、一日でしっかり理解出来ました。これで今後の練習も捗るのではと期待している。



1. 開放弦の音は上から、「家でゲームボーイ」(EADGBE)と覚える

2. メジャー・スケールは「全全半全全全半」
  ・Cメジャー・スケールのドレミ~は5弦上で
  3-5-7-8-10-12-14-15 (フレット)の順番
  ・Eメジャー・スケールを弾くときは同じようにE音から始めて、「全全半全全全半」

3. マイナースケールは「全半全全半全全」

4. 5弦上の音程
          M P   M   M P   P    M   M P
  A ||  |B|C|  |D|  |E|F|  |G|  |A|  |B|C|
          7  1    2    3  4    5    6    7  8
       m       m   m      b     m   m

  M (major), m (minor), P (perfect interval)
  P: 1,4,5,8
  M: 2,3,6,7
  m: 2,3,6,7

5.  #は半音上がる、bは半音下がる(フラットはbで代用)

6. コード
  メジャー:R(root), M3, 5
  マイナー:R, m3,5
  CメジャーコードならC,E,G、CマイナーコードならC,Eb,G

  セブンスコード
    M7(メジャーセブン)
      R,M3,5,M7
    7(セブン)
      R,M3,5,m7
    m7(マイナーセブン)
      R,m3,5,m7
  表記上、mは3に、Mは7にかかる。3のデフォルトはメジャー、7のデフォルトはマイナー
  CM7: C,E,G,B
  C7: C,E,G,Bb
  Cm7: C,Eb,G,Bb

  コードは一番低いルート音で決まっているので、同じ押さえ方でフレットを移動しルート音を変えると別のコードになる。開放は0で押さえていると仮定して、上のフレットに移動したときはそれに合わせて開放だった弦も押さえてあげる。

7. 理論ではないが、気づいたこととして、バレーコード(Barre)を使わない限りは親指でフレットを押す必要はない。押さえている指を手前に引く力と、体を支点として右腕でギターを押さえることでギターのネックが外向きに動く力で挟みこむことで、十分押さえられる。


コメント

このブログの人気の投稿

最強CPU(Ryzen9 3950X)で最強パソコンを自作する:実装編

SONYの新型ヘッドホンの実力は?旧モデルと比較し購入レビュー